はじめよう!メンタルヘルスケア
勤怠管理システムを活用して社員のメンタルヘルスをケアして行こう!

メンタルヘルス対策は、もはや常識となりました。 では、社員のメンタル問題(心理的負荷)をどの段階で掴めますか?
メンタル問題の兆候は必ず勤怠面に表れます。周りが気付いて、病院へ行かせる段階では遅すぎます。
「メンタルヘルス勤怠ウォッチャー」 で勤怠に潜む社員のメンタル問題を早期に発見してみてはいかがでしょうか?


  ソフトのご紹介


メンタルヘルス勤怠ウォッチャーは、勤怠報告書、勤怠管理ツール、勤怠グラフ化ツールから構成される
メンタルヘルスケアをサポートする勤怠管理システムです。

3つの特徴


エクセルによるシステム                                          
 エクセルによるシステムであり、導入がカンタン!(社員数50名規模の企業様向けシステムです)
 動作が軽く、優れたパフォーマンスを発揮します。

アラートのキャッチ                                          
 勤怠管理ツールを用いて、勤怠情報を多方面から分析してメンタル面でのアラートを事前に
 キャッチします。

グラフ化ツールによる分析機能                                     
 蓄積した勤怠情報をグラフ化し、各情報の月毎の推移を一目で把握する事が可能になります。
 例) 総労働時間推移グラフ

ソフトの概要

   勤怠報告書

     各社員が1ヶ月の勤怠内容を会社へ報告するために使用します。
     現場作業の時間帯に合わせた基本時間情報(勤務・残業・深夜時間帯、休憩時間帯(昼、定時後、深夜)、丸め単位)が入力でき、
     勤怠にその情報を反映させ1ヶ月分の勤怠を入力することが可能です。

   勤怠管理ツール

     主に総務の方が各社員の勤怠状況を管理するために使用します。
     月毎に各社員から提出された勤怠報告書を一括アップロードして勤務時間や勤怠情報をExcel上に蓄積できます。
     蓄積した情報を社員コード、氏名、所属、年月をもとに簡単に検索でき、一覧形式で照会することが可能です。
     一覧照会した情報を見ながら社員の勤怠状況を一元管理し、修正更新等も行えます。

     一覧の各項目毎でトップテン検索が行え数値が多い社員が一目で把握できます。
     1年間蓄積した情報は「勤怠台帳」として印刷でき、年度毎での各社員の勤怠状況を確認できます。
     蓄積したデータはデータファイルとしてダウンロード可能で、他ツールと連携することができます。


画面イメージ

 勤怠グラフ化ツール

  蓄積した勤怠情報をグラフ化し、各情報の月毎の推移を一目で把握できます。
  勤怠管理ツールからダウンロードした蓄積データをアップロードして取込みます。
  所属や社員を選択し、あらかじめ定義されている見たい情報のボタンを押すことでグラフ化することができます。

  お問い合わせ

下記のE-mailまでお問い合わせください。


E-mail : sales@fas-si.com